2019年、新作ツアー決定!

第13回演劇公演「地球ブルース』


不思議少年 第13回演劇公演『地球ブルース』

 

作・演出:大迫旭洋

 

出演:磯田渉

   大迫旭洋

   森岡光

   オニムラルミ(劇団きらら)

 

<北九州>

2019年2月16日(土)~17日(日)

枝光本町商店街アイアンシアター

<東京>

2019年3月14日(木)~17日(日)

こまばアゴラ劇場 

<熊本>

2019年3月22日(金)~24日(日)

早川倉庫

 

2018年11月11日(日)11時

チケット予約開始

 



 

2019年2月

16日(土) 14:00~/19:00~

17日(日) 14:00~

 

会場:

枝光本町商店街アイアンシアター

(福岡県北九州市八幡東区枝光本町8-26)

 

チケット:

一般…………¥2,000(当日¥2,500)

高校生以下…¥1,000(当日¥1,500)

*日時指定・全席自由

*未就学児入場不可

 

企画制作:不思議少年

主催:不思議少年

芸術文化振興基金助成事業





 

2019年3月

14日(木) 19:30~

15日(金) 19:30~

16日(土) 14:00~/19:00~

17日(日) 14:00~

 

会場:

こまばアゴラ劇場

(東京都目黒区駒場1-11-13)

 

チケット:

一般…………¥2,500(当日¥3,000)

高校生以下…¥1,000(当日¥1,500)

*日時指定・全席自由

*未就学児入場不可

 

企画制作:不思議少年/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

     

劇場・音楽堂等機能強化推進事業

独立行政法人日本芸術文化振興会

 



 

2019年3月

22日(金) 19:30~

23日(土) 14:00~/19:00~

24日(日) 14:00~

 

会場:

合名会社 早川倉庫

(熊本市中央区万町2-4)

 

チケット:

 

一般…………¥1,800(当日¥2,300)

高校生以下…¥1,000(当日¥1,500)

*日時指定・全席自由

*未就学児入場不可

 

企画制作:不思議少年

主催:不思議少年

芸術文化振興基金助成事業

 



 

両親の恥ずかしい行為から、私は生まれた。

 

生まれながらにして恥ずかしい私は、

「生まれてすみません」と

照れ隠しの「ありがとう」を繰り返して、

生きて、どこかに還ってくんだろう。

 

そんな生命の集合体は、今日も歌う。

 

隣の町で。会社で。学生アパートで。交差点で。電車の中で。北酒場で。

故郷で。立体駐車場で。病院で。空と大地のあいだで。胸の中で。

 

 

この地球に流れるブルースを、聴け。


森岡光

1989年生まれ。長崎県対馬出身。

海と山に囲まれた大自然で、多感な思春期を過ごす。

2009年に大迫旭洋とともに「不思議少年」を結成。『スキューバ』『棘』など、ほぼ全ての作品に出演。

《主な出演作品》

2017年 F/T『わたしが悲しくないのは、あなたが遠いから』(作・演出 柴幸男/ままごと)東京芸術劇場

2016年 二兎社『書く女』世田谷パブリックシアター/他

パンケーキが好き。

オニムラルミ

1974年生まれ。熊本県出身。

劇団きらら所属。

2000年以降、全ての劇団きららの本公演に出演。きららでは「サブカル中年女」等、40代中年女を演じることが多い。日常の不自由さが演劇等、創作活動の糧。

「ぽとぼ」という屋号で近年のきらら作品の宣伝美術も担当。

犬・猫・建築物をよく愛でる。

 

磯田渉

1994年11月26日生まれ。熊本県出身。 

役者。庶務。 

2013年、入団。 

「リフォーム」や「東京ジャングル」など劇団の公演やイベント等に出演。

愛嬌と不器用で多くの観客を魅了する若手俳優。 

ポケモンが好き。

《主な出演作品》

劇団きらら「はたらいたさるの話」

ポークパンダ三歳「猿のたけなわ」

大迫旭洋

1988年生まれ。宮崎県出身。

熊本大学在学中に「不思議少年」を立ち上げ、代表になる。

劇団では作・演出・出演を担当。日常生活を、大胆に可笑しみをもって切り取る作風は、多くの共感を集める。

「劇王 天下統一大会2015」にて全国優勝。「若手演出家コンクール2014」優秀賞・観客賞を受賞。

テクノと映画とボードゲームが好き。



作・演出:大迫旭洋

 

舞台監督:森田正憲(F.G.S.)

音響:松隈久典((株)サウンド九州)

照明:入江徹((株)松崎照明研究所イン九州)

宣伝美術:伊井三男(転回社

制作:森岡光

制作補助:古殿万利子(劇団きらら

 

 <東京公演>

芸術総監督:平田オリザ

技術協力:鈴木健介(アゴラ企画)

制作協力:木元太郎(アゴラ企画) 


不思議少年 制作部

 

メール:fushigishonen☆gmail.com

(☆を@に変えてください)

 

ご予約の際は、お名前・ご希望の公演日時・チケット種類・枚数・電話番号をご記載お願いいたします。

このウェブサイトのContactからもお問合せできます。